Read more

多摩森林科学園で桜尽くし(2017.4.14)

~枝垂桜もこのアングルから見るとサクラというより柳のようにさえ見える~高尾駅からほど近い「多摩森林科学園」で、多種類の桜を鑑賞。ここでは桜の遺伝資源の保全を目的に、伝統的な栽培品種や全国の銘木など接ぎ木で増殖した約6百系統、1400本の桜が植栽されているという。種類によって開花時期が違うので複数回足を運んでもその都度新たな感激が得られそうだ。園内はこのサクラ保存林のほかに樹木園もあるが今回はサクラ...

Read more

衣笠山でお花見(2017.4.6)

近所の山好きの仲間とお花見。神奈川県内6位の人気の高いお花見スポット(2017年 県民が厳選!神奈川県のおすすめお花見スポットTOP7 より)で、このところよく歩いている三浦半島縦断コース沿いにある「衣笠山公園」に決めた。1907(明治40)年に開園した公園で歴史は古い。園内には約2000本の桜が咲き競い、「日本さくら名所100選」にも選ばれている。山頂からは横須賀市街や海が見渡せ、景色もすばらしい。桜の開花にあわせて...

Read more

湘南の丘陵ハイク 大磯高麗山・湘南平(2017.3.30)

【ヤマザクラはあちこちで咲いていた】湘南平は神奈川の景勝50選の地で、湘南の海岸線と丹沢連峰から富士山や箱根・伊豆の山々まで見渡せる眺望の名所で、ソメイヨシノやオオシマザクラなど、約2000本の桜が咲き乱れる、とある(平塚環境協会)。しかしここ2,3日の寒波で桜の開花は遅れ、この地の最新の開花予報では4月1日が開花日となっている。実は現地に行くまではもう少し咲いているのではと期待していたのだが、山桜が少...

Read more

自宅から三浦半島最高峰大楠山へ(2017.3.23)

近所の山好きの仲間と自宅から歩いて大楠山を目指す。可能な限り山道をつないで、下山後に蕎麦屋で反省会(?)。結果は最終目的地である 蕎麦屋まで8時間以内で全員無事歩きとおすことができた。このことだけでも全員大満足だったが、大楠山山頂すぐそばの菜の花畑の黄金の輝き、下山口近くの前田川遊歩道(前長1.38kmのうち6割ほどがハイキングコースから入ることができる)での足元の清流も期待以上に癒される空間だった。■...

Read more

三浦富士~大楠山(三浦半島縦断下見~その2~)(2017.3.17)

「ニリンソウ」(今シーズン初)三浦半島縦断の下見の第2弾は、京急長沢駅を起点として、前回の起点の京急安針塚駅までのルートを歩く。今回は「三浦半島縦断トレイルランニング大会(2017年2月25日(土)実施)」のコースを参考に、以下の通りの結果に。長沢駅(10:20発)~三浦冨士~砲台山~武山~光の丘~山科台団地~ 大楠山(241m~不動橋~塚山公園~按針塚駅(17:20着)長沢駅からは一般に紹介されているハイキング...

Read more

大楠山(三浦半島縦断下見~その1~)(2017.3.11)

三浦半島縦断の計画(京急長沢駅を7時に出発し大船駅まで12時間かけて縦断する)を知って、それを二回に分けて実行できないかと考えてみた。すでに一般のハイキングコースになっているルートは問題ないが、それらをつなぐためには一般道やハイキングコースでない山道を歩かなくてはならない。そこで道に迷っていたのでは予定時間内につかない可能性があるので、今回は怪しい部分の下見を兼ねてのトレーニングだ。(なお大楠山の...

Read more

富士山は見えなかったが…高川山(2017.2.27)

近所の山好きの仲間と、大月市の高川山のハイキングを楽しんだ。大月市秀麗富嶽十二景の十一番山頂に選定されているこの山は笹子川と桂川に挟まれ周囲から独立した感じの山で、山頂からは360度の大展望を楽しめ、南正面に富士山をはじめ遠くは南アルプスまで望める。ただこの日は雲が肝心の富士山をすっかり覆っていて間近の三つ峠など過去に訪れたことのある山々が望めるのみだった。ただほとんど風もなく時折太陽も姿を見せたの...

Read more

充実の6日間 ニセコスキー場(2017.2.15-20)

「背後にはBackcountryのルール尊重!の看板が(ニセコモイワスキー場最上部)」ほぼ一年ぶりのニセコだ。昨年は新雪を楽しんだが、今回はオフピステ(林間)と非圧雪コースを楽しんだり、緩斜面でカービング技術の基礎を学ぶ機会を得たりの充実の6日間。過去最長日程でのスキー三昧だった。初日と二日目はニセコアンヌプリスキー場で基礎技術力向上を目指し、初級コース中心に何度も往復。二日目は課題の修正を目的に一部ビデオ...

Read more

GALA湯沢スキー場(2017.2.1-2)

GALA湯沢スキー場には7年前(2009.12.22)に日帰りで出かけただけだったが、ゲレンデの様子は今回もほとんど記憶に残っていなかった。午前中は青空で、特に高津倉山頂(1181m)からの眺めは最高だった。ここはグルノーブルコースの最上部だが下から見上げると急坂に見えるためか最も空いていた。次に空いていたのが「北エリア」のブロードウェイ。ここもビクトリアリフトの降り場付近からの眺めがよい。グルノーブ...

Read more

万座温泉スキー場(2017.1.25-28)

万座温泉スキー場には11年前(2006.1.29-31)に一度行ったきりだ。今回スキー場を訪れてみて、過去の記憶とイメージが大きく異なったのに驚いた。その原因はスキー客の減少による運行リフトの削減と隣接するゲレンデの閉鎖によるものだ。しかし雪質と温泉の良さは変わっていない。加えて今回は4日間のうち二日は快晴に恵まれ、美しい霧氷と樹氷を思う存分楽しむことができた。浅間山と妙高山、そして噴煙のたなびく...