Read more

期待の大展望は…八ヶ岳主峰の赤岳 (2017.9~10)

「赤岳山頂より赤岳天望荘目指して下降する」7月の北岳登山以後、3回の山行計画がいずれも天候不安定のため、中止になってしまい、最後の夏山登山を八ヶ岳の赤岳に決めた。八ヶ岳は首都圏からのアクセスが良く、特に主峰の赤岳を中心とする南八ヶ岳はアルペンムードが存分に楽しめることで人気の山だ。今回はその赤岳への登山ルートでも「お勧めコース」の一つと言われる真教寺尾根を登り、山頂を越えて中腹の八ヶ岳天望荘に泊ま...

Read more

花の百名山登山記録

山頂に立った時の眺望、大展望を望むことができたときの喜びは山登りの醍醐味なことは間違いないが、一方登山道の足元や山腹を飾る高山植物の可憐さ、華やかな情景にはそれにもまして心癒されるものがある。深田久弥の「百名山」とともに田中澄江の「花の百名山」も、どんな山を登って、そしてどんな山がまだ登っていないのか(機会があれば登ってみたい)を記録してみたくなり、ここに残すことにした。北海道1.礼文岳(れぶんだ...

Read more

お花畑と展望満喫の北岳(2017.7.19-21)

「北岳山荘からの夜明けの富士山」北岳は過去3回登っているが、この時期は初めてだ(前回は5年前でしかも8月下旬だった)。花の時期としては今回がベストではないだろうか。しかもこの山の固有種のキタダケソウにも遭えたのだから言うことなしだ。余裕をもって3日間の行程を組んだ。初日は自宅を早朝(と言っても5時半だから車で出かける登山としてはゆっくりだ)出発、登山口の広河原へは途中乗合タクシーに乗り換えて9時ち...

Read more

百名山の登山記録

百名山の全山踏破は特に目指していない。その理由は、全山踏破を目指すよりは気に入った山に何度でも登りたいし、本当に登りたいと思う山でまだ登っていない山が百名山以外にもたくさんあるので。(全山踏破した人への尊敬の念に変わりはないが)とはいいつつも、百名山いくつ登ったの?という質問にすぐには答えられないことが何度かあったのと、自分の記憶が最近特にあやふやになってきたので(!)、ここに記録を残すことにした...

Read more

東北の花旅(第3日目:早池峰山)(2017.6.30)

東北の花旅の最終日は本命の早池峰山だ。固有種のハヤチネウスユキソウを一目見たいと以前から思っていたが今回やっと実現。その他にもたくさんの花々が目を楽しませてくれた。今回の3つの山はいずれも車を停めた場所からの往復のコースとなったが、往きと帰りで天候や光の加減、眺める角度が異なりそれぞれ違った絵になるのが楽しい。特に早池峰ではたっぷり時間をかけてカメラのシャッターを切りまくったw下山後は1時間ほど車...

Read more

東北の花旅(第2日目:月山)(2017.6.29)

東北の花旅の二日目は月山。この日は初日の疲れを癒し、翌日の「本命(早池峰)」に向けて英気を養う中休みの予定のはずだった。しかし宿の位置の関係で事前の計画(リフトを利用した登り2H、下り1.5Hの姥沢コース)とは異なるコースに変更したのをすっかり忘れていたのだった。改めてこのコースのコースタイムを確かめると、登り3H、下り2.5Hで結構な時間がかかることが分かった。とは言え高山植物の宝庫と称される月山で...

Read more

東北の花旅(第1日目:南蔵王)(2017.6.28)

朝4時に出発し、東北自動車をひたすら走り、刈田峠バス停近くの駐車場(道路わきの区画された駐車スペース)に到着したのは9時過ぎ。約20台程度しか駐車できないとの事前情報だったので心配したが、あと数台はとまれそうだった。登山道は歩き始めはいったん下り、旧刈田峠から登り返し前山、杉ヶ峰とアップダウンを繰り返し芝草平に至る。ここは池塘が点在するお花畑。ヒナザクラ、チングルマが群落を作り、イワイチョウも。し...

Read more

霧降高原と竜頭の滝のツツジ達(2017.5.29)

那須で一泊した後日光に寄ってから帰宅することに。ドライブ主体の写真撮影だ。今まで一度も足を運んだことのなかった霧降高原を目指す。その手前に霧降の滝の標識を見つけ、早速行ってみることに。もちろんここも初めて。駐車場に車を置き、滝への遊歩道を目指す。石畳が敷かれた立派な道だ。滝つぼに下りることはできなかったが展望台から眺めるその滝は二段になっていてかなりの距離から眺めていても迫力満点だ。霧降の滝の上段...

Read more

日本最大級のゴヨウツツジ群生地を訪ねて 那須 中の大倉尾根往復(2017.5.28)

日本最大級約3万本のゴヨウツツジ(別名シロヤシオ)が群生するという、マウントジーンズ那須ゴンドラ山頂駅を目指す。天気予報がコロコロ変わるこの時期に1泊する、ということで24日に宿を予約。開花状況を知らせるホームページ(21日時点)では山頂付近は咲き始めとのこと。今年は例年(5月下旬~6月上旬が見どころを迎える時期)より遅い開花状況とのことだが、まだ28日まで1週間はあるし、と淡い期待を抱いての予約...

Read more

石楠花とブナの新緑に癒された天城山縦走(2017.5.19)

天城山は百名山の一つでもあり、また歩きやすい山だ。ということでいずれ登るつもりだったが、せっかくなら石楠花の美しい時期にと、開花状況と天気予報をチェックして出かけた。この山の石楠花はアマギシャクナゲ(天城石楠花)と言って伊豆半島の固有種だ。アズマシャクナゲ(東石楠花)の変種で花冠は東石楠花は5裂するのに対し、6裂ー7裂で、色は淡紅紫色、紅紫色、稀に白色もあり、樹高は6-7m。今回はまだつぼみのも多かっ...