FC2ブログ
Read more

上越の名瀑散策(2016.10.21)

「苗名(なえな)滝」苗名滝に関心を持ったのは新潟県観光協会発行の「うまさぎっしり新潟」(2015.9.19-11.30)の表紙を飾った写真に目を奪われた時だった。上の写真はほぼ同じアングルから今回撮ったもの。駐車場から15分ほど歩くとこの景色が目の前に現れる。写真の手前のつり橋から写真を撮っていた人もいたが、何しろつり橋なので足元が揺れる。滝の流れ落ちる様を効果的に撮るにはスローシャッターが必須だが、足元が揺れて...

Read more

雪割草(オオミスミソウ)はギリギリ間に合った(?) 角田山 (2016.4.5)

新潟の雪解けも今年は早そうだし、3月末から開花情報が散見され始め、気になっていたが、やっとチャンスが訪れた。前日に決断し当日早朝自宅を発ち、夜には帰宅の日帰りでの雪割草カメラ山行。雪割草とは、オオミスミソウ、ミスミソウ、スハマソウ、ケイスハマソウの総称で、新潟で見られるのはオオミスミソウ。 他の種類より花と葉が大きく、個体差が激しいのが特徴だそうだ。多様な遺伝子が混じっており、赤、白、ピンク、紫と...

Read more

渋目の紅葉 浅草岳(2015.10.20)

『熊合せから重エ衛門岩の紅葉を眺む』前日の好天から打って変わって朝からどんよりとした曇り空。予報を信じて6時に宿を出発。昨日登った蒲生岳の方角にクルマを走らせ、途中の田子倉只見沢登山口の駐車場に停める。前回(「なんとか間に合ったヒメサユリ~浅草岳(2015.6.24)」)はもっと手前の六十里越え登山口から登ったのだが、今回はあの時通ったルートを谷を挟んで反対側から眺めることになる。鬼ケ面山からムジナ沢カッチ...

Read more

なんとか間に合ったヒメサユリ~浅草岳(2015.6.24)

ヒメサユリのピンクが可愛く、しかも「ヒメサユリ・ロード」と呼ばれるほど登山道脇に広範囲に見られる山として「浅草岳」は有名だ。ただ、ヤマレコや先人のブログなどを見ると、南岳から鬼ケ面山を経て貉(むじな)沢カッチあたりまでが「ヒメサユリ・ロード」と呼ぶにふさわしい状況のようだ。ヒメサユリだけを楽しむのであれば、このコースのみ歩けばよいのだが、日本三百名山や新花の百名山に選定されて、晴れれば眺望も抜群の...

Read more

仙ノ倉山山頂からの360度の眺望に大満足 (平標山・仙ノ倉山 2015.6.10)

平標山(たいらっぴょうやま)は花の百名山のひとつだ。以前訪れた時は紅葉時期だったので、今回初めて花の時期に登山。前々日に関東甲信の梅雨入りが発表されたばかりだが、今日は好天の予報。(実は花だけの撮影なら曇りでも良いが背景に雪を頂いた山を配置できたほうが更にいいと思うようになり晴天を待つことに。)いつものように(?)前日に決め、晴れが期待できる午前の早い時刻に山頂(標高1984mの平標山より高い標高2026mの仙...

Read more

久しぶりの快晴に大展望を楽しむ 火打山・妙高山(2011.9.26~27)

近所の山好きの会のメンバと、紅葉を期待しての登山だったが、今年の紅葉は不作(?)ただ、好天に恵まれ、久しぶりの大展望を楽しむことができた。■9月26日(月曜日) 天狗の庭からの火打山 高谷池ヒュッテからの夕焼けに明日の好天を期待■9月27日(火曜日) 妙高山山頂から野尻湖が眼下に 同じく山頂から火打山 紅葉はいまいちだったが、かわいい花が詳しくはムービーで。...

Read more

上越のマッターホルン『大源太山』は花いっぱいだった(2011.6.19)

【痩せ尾根伝いに登山道が見える大源太山】 先日の杁差岳のハクサンイチゲに囲まれた至福の思いを再び!と、梅雨空の関東を抜け出しての日本海側の山旅は上越のマッターホルンと称される「大源太山」。 例によって直前の天気予報(ピンポイント)を日々チェックして、前夜発日帰りの日程での敢行(?)■2011年6月19日(日曜日)晴 自宅から関越道を利用して登山口駐車場まで約4時間。22時出発で、現地到着(2時)後...

Read more

ハクサンイチゲが飯豊の山を彩る(杁差岳 2011.6.15-16)

 前回(2010年7月の飯豊連峰縦走)は果たせなかった残雪の山々を背にした晴天下での高山植物たちとの出会い。今回はバッチリ!パートナーが毎日新潟の天気予報をチェック。この日程しかない、という日を選んでの実行。 前日(14日)17時に自宅を出発。事前に調べていた、登山口最寄りの道の駅「たいない」に到着したのは23時すぎ、3時に携帯電話のアラームをセットしての車中仮眠。登山口駐車場(今シーズンの営業開...

Read more

カラマツの黄葉と展望の四阿山(2008.10.19)

前回の越後駒ヶ岳と連続して登った四阿山。■2008年10月19日(日曜日)早朝霧のち快晴 今朝も目覚まし時計の四時より早く目がさめたのと、前日の枝折峠の駐車場の混み具合から、早めに出発することにした。二時間程度で登山口の鳥居峠に着いた。予めWebの情報で調べておいた、一般に開放しているという林道がもしかして使用できるかと、覗いてみたが「一般車利用禁止」の看板がクルマのライトに浮かび上っているだけ。林...

Read more

 草原の山頂 越後駒ヶ岳(2008.10.18)

平標山の近くの山といえば、越後駒ヶ岳も思い出深い山だ。■2008年10月18日(土曜日)快晴 数日前からの全国的に雲ひとつない秋晴れが続くという天気予報を信じて、この週末、百名山2座(越後駒ヶ岳と四阿山((あずまやさん))を連続で登ることに。週末故、宿は混んでいるだろうし、経費節約もあるので(ホントはこれが一番の理由)クルマで寝泊り。 前夜の夕食(当然普段の晩酌のビールは口にしない)後、パートナーの準備...