丹沢の貴婦人が微笑んでくれた 丹沢表尾根(2015.9.14)

s1-DSC02932.jpg

雨天で計画中止が相次ぎ、前回の山行から一月以上も経って、すっかり体がなまってしまったので、今回はトレーニング目的の山行だった。ところが、たまたま出会った方にサガミジョウロウホトトギスのありかを教えてもらい、とうとう「丹沢の貴婦人」に遭うことができたのだ。そのほかママコナの小群落の発見も、その方が登山道脇の草むらにカメラを向けた姿を見て初めてかなったのだ。

s1-DSC02929.jpg
サガミジョウロウホトトギス。丹沢の固有種かつ絶滅危惧種。崖の斜面などに生える。

s1-DSC02916.jpg
ママコナの小群落

s1-DSC02919.jpg
ママコナ

そのほか新大日手前の崩壊地には一輪だけビランジが残っていて、これも実物を丹沢で見たのは初めてのことだったのだ。(この花自体、この時期まで咲いていることは珍しいのだが)

s1-DSC02944.jpg

この日は晴れの予報だったが、山の上は雲がかかり、特に塔ノ岳山頂ではガスに見舞われてしまった。ただ、その中でも霧の雫をまとった花が印象的で、カメラを向けざるを得なかった。

s1-DSC02958.jpg
アズマヤマアザミ

この他にも、意外と多くの花に遭えて、大満足した。肝心のトレーニングの成果は??

s1-DSC02881.jpg
ヤハズハハコ

s1-DSC02885.jpg
ハコネギク

s1-DSC02887.jpg


s1-DSC02898.jpg
フジアザミ

s1-DSC02895.jpg
ノアザミ

■データ
・コース概要
通常「表尾根」を行くコースはヤビツ峠バス停からスタートするのだが、今回は大倉バス停から直接三ノ塔(眺望が表尾根でも有数で、塔ノ岳方面のやまなみの美しさと、条件が良ければ富士山も見ることができる)に登るルートを選択した。
s2015年09月14日 大倉~大倉 - ヤマレコ_02

・コースタイム
大倉バス停8:30~牛首9:30~三ノ塔10:50/11:10(昼食)~烏尾山11:45/11:55~行者ヶ岳12:15/12:25~政次郎ノ頭12:50~新大日13:05/13:10~木ノ又小屋13:20~塔ノ岳13:50/14:10(昼食2)~花立14:35~小草平(堀山の家)15:10/15:20~見晴茶屋16:05/16:10~大倉バス停16:45
行動時間 約8時間
(2003年7月12日に同じコースを歩いているが、その時の行動時間は 9時間だったので、トレーニングの意味はあったと思われる)

■参考
丹沢表尾根に咲く花(約300種)
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 季節の花たち - Genre: 写真