紅葉と初冠雪の岩手山(2015.9.28~30)

s1-DSC03383.jpg

今回の狙いは岩手県で最も早いという三ツ石山の紅葉と岩手山の地獄谷周辺の紅葉を楽しむことだ。移動日となる初日も八幡平山頂付近をついでに散策する。

第一日目(28日) 八幡平散策

出発の一週間前の天気予報では3日とも曇り時々晴れ、または晴れ時々くもりのまずまずの天気。すっかり安心してでかけたのだが、初日の八幡平散策途中で想定外の雨に見舞われた。

近所の山好きの仲間と3人で朝4時に出発。八幡平アスピーテラインの途中でも紅葉が目を引き、早速車を停めてパチリ。
八幡平頂上の見返り峠駐車場には11時過ぎに到着。登山者用と思しき無料駐車場に車を駐め、まず畚(もっこ)岳に向かう。畚岳登山口は裏岩手縦走路のスタート地点だ。ここから岩手山まで縦走するには途中の避難小屋などでの宿泊が欠かせない。
畚岳山頂からは岩手山が望めたが、晴れ渡った盛岡市街とは異なり山頂部分は時折雲に隠れていた。
見返り峠に一旦戻り、八幡平山頂への登山道に入る。まるで石畳のような整備された道が普通の登山道に変わり八幡沼の畔を過ぎたあたりから黒い雲が頭上を覆うようになる。ぽつりぽつりと来たと思うまもなく、すぐ本降りに。急いで雨具を身につけ足早に黒谷地湿原を目指す。畚岳とともに八幡平の好展望地といわれる源太森も視界は利かないと思い、パス。目的の黒谷地湿原は見るべきものもなく、くたびれ儲け(?)。
源泉掛け流しの湯治場を想像しながら今日の宿泊場所の松川温泉「松川荘」へと八幡平樹海ラインを車で下る。

s1-DSC03099.jpg
八幡平アスピーテラインの途中にて

s1-DSC03142.jpg
畚岳山頂から岩手山を望む

s1-DSC03165.jpg
八幡沼畔の木道を行く。この頃はまだ青空が見えていた。

第二日目(29日) 三ツ石山最短コース

朝から本格的な雨。そのうち青空も見えてきたものの前日の天気急変に懲りて、当初の予定(松川温泉の源太ヶ岳登山口から源太ヶ岳~大深岳~小畚山~三ツ石山~三ツ石山荘~松川温泉の周回ルート)を変更して、その日の宿泊予定地の網張温泉まで先に車で移動して、三ツ石山に登るには最もお手軽なコースとした。

何しろ途中までリフトを利用して三ツ石山まで往復するというものだ。ところが結局リフトから降りて歩き始めて1時間もたたないうちにまたもや雨。三ツ石山の山麓にある避難小屋「三ツ石山荘」で雨宿りを兼ねての昼食とした。一時はこのまま下山することも考えたが山頂には30分程度で登れるし、丁度雨もやんだので、山頂往復。幸運にも山頂に着いた頃には青空も見える程度に回復し、360度の展望(遠望とはならなかったが)と山腹の紅葉を楽しめた。ただ、小屋のパトロールに来ていた方の話では、今年の三ツ石山の紅葉は9日ごろに最盛期だったようで、例年より2週間以上早く、しかもその前後がずっと雨続きだったので仲間の誰も最高の紅葉を見みられなかったとのこと。僕達が山頂で見た、素晴らしいと感動した景色も、本来の美しさとは比べ物にならないものだったのだ。帰路はリフト乗り場に戻るのはやめて、網張温泉に続く林道をひたすら歩くことにした。たとえ雨が降ってもドロドロの登山道をリフト乗り場まで登るよりはマシと考えたのだ。
林道をあと残り70分歩かなければならないところ(奥産道網張ゲート)まで来ると、専用バス(予約が必要)が客待ちをしているところに遭遇。往復のリフト券を見せたところ乗せてもらえることに。最後に幸運の女神が微笑んでくれたのだ。
天気も良くなり、宿泊先の国民休暇村「岩手網張温泉」の窓からは虹の掛かった岩手山も望まれた。

s1-DSC03218.jpg
三ツ石山山頂から三ツ石山荘方向を望む

s1-DSC03236.jpg
三ツ石山山頂から岩手山を望む

s1-DSC03261.jpg
三ツ石山から三ツ石山荘を望む

s1-DSC03264.jpg
三ツ石山荘の鐘

s1-DSC03281.jpg
休暇村岩手網張温泉から眺める岩手山と虹

第三日目(30日) 岩手山往復

幸運は最終日まで続いてくれ、今度は秋晴れの良い天気。しかも目的の岩手山はその朝「初冠雪」となり、雪をかぶった山と紅葉を同時に楽しめるまたとないチャンスが訪れたのだ。
晴天ではあるが強風だったので、山頂(2038m)まで行くのは止め、1828mに建つ不動平避難小屋までの往復とした。最終リフトが17時発なので、山頂往復する(1時間強かかる)と時間的にも間に合わなくなる可能性もあったので。
避難小屋は三ッ石山荘に比べると一回り小さいが、石造りでこの辺りの強風にもびくともしない頼れる小屋という印象だ。
時間を気にしながら僕達にしては(?)猛スピードで下山。ただ、御花畑に着いて、やや余裕があると判断し御釜湖に立ち寄った。
岩手山を背景とした緑の湖面(サイズ的には池?)はあまり公開された写真では見たことがなく「穴場発見」と喜んだ。

下山後、ひと風呂浴びて17時半帰途につく。途中夕食を摂り、帰宅は翌日の1時だった。

s1-DSC03311.jpg
リフト終点のいぬくら降り場にて

s1-DSC03342.jpg
黒倉山と背後の初冠雪の岩手山

s1-DSC03373.jpg
大地獄谷へ下る途中で。初冠雪の岩手山

s1-DSC03391.jpg
御花畑から望む初冠雪の岩手山

s1-DSC03398.jpg
不動平手前の千俵岩

s1-DSC03418.jpg
御釜湖と岩手山。この時刻には雪はなくなっていた。

s1-DSC03433.jpg
大地獄谷から眺めた黒倉山。

s1-DSC03461.jpg
網張スキー場リフト乗り場付近のススキ野原。


■データ

・コース概要とコースタイム

第一日目(28日) 八幡平散策
2015年09月28日 八幡平頂上~八幡平頂上 - ヤマレコ_02
八幡平頂上駐車場11:45~畚(もっこ)岳登山口12:05~畚岳山頂12:25~畚(もっこ)岳登山口12:50~
八幡平山頂レストハウス13:05~見返峠13:15~源太別れ13:35~黒谷地湿原14:15~八幡平頂上駐車場15:10   
行動時間  3時間半

第二日目(29日) 三ツ石山最短コース
2015年09月29日 三ツ石山 - ヤマレコ_02
岩手山網張登山口(リフト乗り場)8:05~リフトいぬくら降り場8:45~
犬倉分岐9:00~大松倉山10:10~三ツ石山荘10:35/11:25(昼食)~三ツ石山11:55/12:05~三ツ石山荘12:30/12:50~
奥産道登山口分岐13:20~奥産道登山口13:25~奥産道網張ゲート14:05
行動時間  5時間半

第三日目(30日) 岩手山往復
2015年09月30日 岩手山 - ヤマレコ_01
岩手山網張登山口(リフト乗り場)8:00~リフトいぬくら降り場8:40~
犬倉分岐8:55~姥倉山分岐9:50~黒倉山分岐10:10~切通(鬼ヶ城コースとの分岐)10:20~大地獄分岐10:35~
御花畑11:05/11:30(昼食)~不動平(不動平避難小屋)12:35/12:50~御花畑13:40~御釜湖13:45/13:50~
御花畑13:50~大地獄分岐14:15~切通(鬼ヶ城コースとの分岐)14:30~黒倉山分岐14:35~姥倉山分岐15:00~
犬倉分岐15:40~リフトいぬくら降り場15:50
行動時間  7時間

・下山後の入浴
休暇村本館から徒歩5分の「温泉館 薬師の湯」を利用。受付は18時まで、600円。

関連記事
スポンサーサイト
Theme: 登山 - Genre: スポーツ