紅葉の赤城山(2015.10.15)

前日の興奮も冷めぬまま、国民宿舎「かじか荘」を後にし、次の目的地赤城山を目指す。距離約60Kmなのにたっぷり2時間かかった。カーナビは一般道だと時速30Kmで到着時刻を予測するので大体はそれより早く到着するのだが、今回は予測がピッタリあたった。何しろ全線舗装はされているものの後半の山域に入った途端、元は林道だった部分が特にカーブの連続で、カーブごとにつけられた標識番号によると90回近く右左にハンドルを切るはめに。結果予測時刻どおりに(?)鳥居峠到着。

かねてからここからの覚満淵の絶景をものにする(?)計画だったが、期待に違わずの景色。元ケーブルカーのあった反対方向の山々も負けず劣らずの眺め。また車に戻り駒ヶ岳登山口駐車場に入る。ここから駒ヶ岳、黒檜山(赤城連山の最高峰1828m)と廻り下山後は大沼湖畔の車道をクルマまで戻る、約4時間の行程だ。最初の階段の連続する急坂を登りつめると平場に出るが、ここがなんとも気持ちの良い場所で、しばし休憩。ここから駒ヶ岳、一旦下って大ダルミ、登り返して黒檜山山頂、少し足を伸ばして北から西方向が開けた展望台へ。この間、とても気持ちの良いハイキングコースが続く。展望台からは西端に南アルプス、そして八ヶ岳、蓼科山、浅間山、草津白根山、谷川岳、武尊山、燧ヶ岳、皇海山、庚申山(前日登った)、日光白根山、男体山と馴染みの山々がすべて見渡せた。ここまでは歓喜にむせぶ(?)だけでよかった。ところが黒檜山からの下山ルートがたいへん。駒ヶ岳の登りが整備されすぎていたためか、あまりに対称的。大きな岩の急坂の道が延々と続き、果てには転倒のおまけまで付いてしまったのだ。腕と膝を擦りむいただけで済んだのは幸いだったが(笑)ただ、山頂からは木々に遮られてよく見えなかった大沼が猫岩のあたりの展望地からよく見え、特に中央火口だった地蔵岳(1674m)を背景に眺められた。

やっとの思いで(笑)下山。大沼湖畔をクルマのもとに戻る途中、駒ヶ岳を背景に紅葉真っ盛りの場所を発見。植物園とあるが、シカの侵入防止策と東屋以外には特に目立ったものはなく公園と言った感じの場所なのだが、これが素晴らしい。
最後は朝鳥居峠から眺めた覚満淵の周囲を一周して帰途についた。
日帰り温泉施設「あいのやまの湯」で疲れを流し、クルマの運転に戻った。高速(北関東道、関越道から圏央道)を降りてからの夕方のラッシュにぶつかった割にはスムーズに3時間半で帰宅できた。
今回の山旅も期待していた以上の紅葉風景が楽しめ、大満足だった。

s1-DSC03882.jpg
鳥居峠から眺めた覚満淵

s1-DSC03895.jpg
鳥居峠から元ケーブルカーのあった方向を眺めた

s1-DSC03911.jpg
駒ヶ岳への途中の気持ちの良い平場

s1-DSC03943.jpg
大ダルミから振り返っての駒ヶ岳

s1-DSC04006.jpg
猫岩付近から眺めた大沼と地蔵岳

s1-DSC04016.jpg
猫岩付近から眺めた大沼の赤城神社のある小鳥が島

s1-DSC04024.jpg
大沼湖畔の植物園と駒ヶ岳

s1-DSC04050.jpg
覚満淵遊歩道

s1-DSC04042.jpg
覚満淵と籠山

■データ
・コース概要
駒ヶ岳登山口から登り始め黒檜山登山口に下山。
1-[日程未定] 駒ヶ岳登山口~駒ヶ岳登山口 - ヤマレコ_01

・コースタイム
駒ヶ岳登山口駐車場8:00~平場(ベンチあり)8:40~駒ヶ岳山頂9:00~大ダルミ9:15~黒檜山山頂9:55~展望台10:00/10:20~大沼・猫岩分岐10:25~猫岩11:15~黒檜山登山口11:40

行動時間 約3時間半

・下山後の入浴
日帰り温泉施設「あいのやまの湯」
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 紅葉写真 - Genre: 写真