会津のマッターホルン 蒲生(がもう)岳 (2015.10.19)

s1-DSC04163.jpg
『写真は蒲生岳山頂から眺める新潟県境の山々。』

今回の山行の主目的は「浅草岳」で、クルマで移動し現地の近くで宿泊し翌日登る計画だ。それでは移動日がもったいないという理由で、浅草岳に近いこの蒲生岳を選んだのだが、とんでもない思い違い(思い上がり?)だった。
標高828m、登山口からの標高差500mたらずの田園風景のまっただ中にそびえ立つ山なのに、登山道から眺める周囲の景色の素晴らしさと岩場の急登を昇り降りする厳しさを兼ね備えた、とっても「お得な」山だったのだ。

s1-DSC04088.jpg
蒲生岳の前景には収穫を終えたばかりの田圃が広がる

s1-DSC04125.jpg
小蒲生登山口から直登するとやがて緩やかなブナ林に出会う。ここの雰囲気がとても良い

s1-DSC04135.jpg
その名も「ブナの交流広場」で、山頂から下ってくるグループと交流!

s1-DSC04138.jpg
ブナの幹の肌の模様が好きだ

s1-DSC04150.jpg
登山道の両側は切れ落ちているが、足元より眼下の絶景に目を奪われてしまう!

s1-DSC04156.jpg
鷲が倉山が姿を現してくる

s1-DSC04162.jpg
山頂からも只見川を挟んで鷲が倉山が正面に見える

s1-DSC04165_20151021203105e0d.jpg
山頂でふと足元を見るとここにも小さな秋が…

s1-DSC04185.jpg
昔岩峰の洞穴に松の木が生えていて、葉が鼻毛に見えたという。「鼻毛通し」とはユーモラスな命名だ

s1-DSC04203.jpg
下山コースは比較的やさしいと言われている「鼻毛通しコース」を選択したが、より厳しい「西側岩壁コース」との分岐点。鎖が見えている

s1-DSC04204.jpg
下山してきたコースを見上げる

s1-DSC04220.jpg
田子倉ダムの展望台から眺めた蒲生岳(中央に見える)のほうが、よりマッターホルンに近い。手前は田子倉ダムの下流の只見ダム

s1-DSC04074.jpg
六十里越峠開通記念碑のある展望台からは正面に前毛猛山が見えるが、なかなか堂々たる姿だ



s1-DSC04158.jpg
山頂近くの鎖場

s1-DSC04184.jpg
同じくロープも

s1-DSC04201.jpg
これは登っているところではなく、下っているところ



■データ
・コース概要
登りは「小蒲生登山口」から山頂を目指し、下りは鼻毛通しコースを経由し「久保登山口」に降り立った。
s1-蒲生岳登山地図&ガイド_02

・コースタイム
小蒲生登山口10:30~白糸清水10:40~大ミズナラ11:00~ブナの交流広場11:25~蒲生岳山頂11:55/12:05~鼻毛通し12:30~西側岩壁コースとの分岐点12:40~久保登山口13:20

行動時間 約3時間

・宿泊
国民宿舎 ニュー浅草岳温泉 「うおぬま浅草山荘」

「お得な」体験はここでも。
僕達としては早めのチェックインを済ませ、この宿の庭ともいうべき、周辺施設(奥只見レクリェーション都市公園「浅草岳公園」)を散策してみたところ、またまた美しい紅葉に遭遇。

s1-DSC04256.jpg

s1-DSC04230.jpg

s1-DSC04231.jpg

s1-DSC04244.jpg

s1-DSC04250.jpg

s1-DSC04237.jpg

s1-DSC04232.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 山の風景 - Genre: 写真