紅葉の大菩薩「牛の寝通り」(2015.11.3)

牛の寝通りの紅葉が素晴らしいらしい、との情報をもらった時、真っ先に気に入ったのはその名前「牛の寝通り」だ。いかにも、のんびり歩ける雰囲気だから。一昨日の鍋割山の感動も冷めやらぬまま、まだ暗い道にバイクを走らせる。祝日は早朝時間帯には最寄り駅までのバスは走っていないのだ。

家を出てから3時間足らずで甲斐大和駅に降り立つ。そこからバスで30分。小屋平では満員だった乗客の半数近くがバスを降りた。今回のコースで唯一登りの石丸峠までの道は意外にも結構な急坂。丹沢の疲れが残っているらしく脚は重い。しかし、右手に富士山が見えてくるあたりから気分は高揚(「紅葉」ではない(笑))し始め、しかも足元の登山道も優しく緩やかな登りに変わる。
そして昨日の荒天(氷雨が一日中降っていた)から一転した好天!のんびりしたハイキング気分は最高潮を迎えた。
石丸峠は気持ちの良い笹原の中、小金沢山に続く笹尾根も気持ちが良さそうだが、今回は紅葉の樹林帯(といっても適当にまばらな樹間から南側にほぼ平行に走る「長峰」やその背後の、雁ヶ腹摺山から東に伸びる檜ノ木尾根が見える)を「散策」するのだ。

散策途中、トレラン中の女性二人や男女数人のグループが駆け抜けていったが、最後に自転車の男性が走っていったのには驚いた。当初計画では下山口の小菅の湯でゆっくり湯に浸かり食事して、最終便(17:45発)のバスで奥多摩駅へ下る予定だったが、紅葉散策後はタイム短縮ができたので、急いで入浴を済ませひとつ前のバス(14:45)に乗ることができた。(間の時間帯にもうひと便あれば便利なのだが)

丹沢の奥山ふうの紅葉とは違い、手軽な散策路ふうで長時間楽しめる「牛の寝通り」。お薦めのハイキング道だ。

s1-DSC04818.jpg

s1-DSC04825.jpg

s1-DSC04841.jpg

s1-DSC04839.jpg

s1-DSC04844.jpg

s1-DSC04869.jpg

s1-DSC04870.jpg

s1-DSC04879.jpg

s1-DSC04890.jpg

s1-DSC04893.jpg

s1-DSC04903.jpg

s1-DSC04912.jpg

s1-DSC04926.jpg

s1-DSC04946.jpg

s1-DSC04954.jpg

s1-DSC04962.jpg

s1-DSC04963.jpg

s1-DSC04965.jpg

s1-DSC04967.jpg




■データ
・コース概要
1-2015年11月03日 小屋平~小菅の湯 (2)- ヤマレコ_01

・コースタイム
小屋平バス停(白石峠入口)8:25~白石峠9:30~小金沢山分岐9:40~長峰分岐9:45~榧(かや)ノ尾山(昼食)10:50/11:15~棚倉(大ダワ)12:40~モロクボ平分岐13:00~林道終点13:35~小菅の湯14:00

行動時間 5時間半

・下山後の入浴
小菅の湯





関連記事
スポンサーサイト
Theme: 紅葉写真 - Genre: 写真