年始めのトレーニング 三浦アルプス (2016.1.14)

1-DSC05543.jpg

例年、年始めには地元の山好きの仲間とトレーニングがてら「三浦アルプス」を登ることにしている。昨年は雨で中止になったが、今年は小春日和のまさにハイキング日和。

新逗子駅からバス通を歩き、途中川久保交差点から森戸川に沿って進むと、今朝降りた霜が路端の草や畑の野菜の葉を白く光らせていた。森戸林道の終点までは全く平坦な道をおしゃべりをしながら歩いたが、なんと「イノシシ出没の注意書き」が。
南沢沿いの道に入ってからは本格的な登山道になり、更にその先では沢の中を歩くようになる。源頭付近で沢を離れ、最後のヂグザグの急登をこなすと(写真1)南中峠に出る。ここから三浦アルプス特有の(?)アップダウンの連続となる。乳頭山のすぐ手間の鉄塔の下が、東京湾の見晴らしもよく、陽当りの良い場所だったので、ここで昼食。

食後は乳頭山を経て、畠山を目指す。畠山までの道のりも更に激しいアップダウンの連続。ここで本日初めて他のハイカーと遭遇。最初は男性、そのあと女性。いずれも単独行だった。結構エネルギーを消費したので、本日最後の山頂、畠山でしるこを作って食べる。久しぶりのガスバーナーとコッヘルの登場だ。

あとは一路下山のみ、のはずだったが塚山公園の登りでまた一汗。ここでトイレ休憩後に展望台からの景色を楽しみ、トレッキングマップより近道の最後の急坂を下り安針塚駅に。ここで単独行の女性と偶然再会(!)。山を始めて一年ほど、今年は槍ヶ岳を目指すとのこと。心のなかで「エール」を送る。

1-DSC05535.jpg

1-DSC05536.jpg

sDSC05541.jpg


■コース概要
京浜急行のパンフレット「三浦アルプストレッキングMAP」のグリーンのコースを辿った。 行動時間 5時間半

miuraalpsmap_01.jpg



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 登山 - Genre: スポーツ