春うらら「松田山みどりの風自然遊歩道」を楽しむ(2016.2.11)

近所の山好きの仲間と河津桜(早咲きのサクラ)で注目の松田町の「西平畑公園」を、「松田山みどりの風自然遊歩道」をめぐって訪れた。例年は2月下旬が満開だが、今年は全体に開花が早めとなっているので、この時期に行ってみることにした。

松田山みどりの風自然遊歩道は新松田駅から松田町の奥座敷「寄(やどりぎ)エリア」に至る里山道をたどるコースだが、今回はバスで先に「田代向」に向かい、そこから歩き始めて駅に戻る、一般に紹介されているものとは逆順で歩いてみた。
雲一つない快晴で、風も殆ど無いポカポカ陽気の中、道標も完備された道を歩くという、この時期のハイキングとしては最も恵まれた条件だったが、期待通り大満足の里山散策、公園散策となった。(途中「最明寺史跡公園」を通ったが、ここはサクラの時期に訪れたことがあるが、レンギョウの黄色やモモの深紅・白も混じった色彩豊かな穴場的公園だ)

今シーズンでは最もクリアな富士山を眺め、三分、場所によっては四分咲きの河津桜(約260本だという)、そして満開の菜の花を愛で、最後は地酒の試飲と土産のお酒をザックに詰めて満足感と一緒に持ち帰った。

s1-DSC05827.jpg
松田山山頂付近からの富士山

s1-DSC05850.jpg
西平畑公園の河津桜

s1-DSC05867.jpg
西平畑公園の河津桜

s1-DSC05863.jpg
西平畑公園の河津桜と菜の花畑

■コース概要
全体としては下り坂コースだが、鉄塔と東屋の間に一箇所だけ沢筋まで降りて登り返す急坂がある。また最明寺史跡公園から杉林のなかの舗装された林道を1時間ほど下るのが単調なだけにやや辛い。ほかは極めて快適。       行動時間 約5時間

松田山みどりの風自然遊歩道コース_01
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 季節の花たち - Genre: 写真