大楠山(三浦半島縦断下見~その1~)(2017.3.11)

三浦半島縦断の計画(京急長沢駅を7時に出発し大船駅まで12時間かけて縦断する)を知って、それを二回に分けて実行できないかと考えてみた。すでに一般のハイキングコースになっているルートは問題ないが、それらをつなぐためには一般道やハイキングコースでない山道を歩かなくてはならない。そこで道に迷っていたのでは予定時間内につかない可能性があるので、今回は怪しい部分の下見を兼ねてのトレーニングだ。(なお大楠山の山頂を踏むのは2015年4月以来で、その時は自宅から山頂まで6時間かけて歩いた)

当初の予定は安針塚駅から入り、畠山、大楠山を経て武山、三浦富士を経て長沢駅まで、のつもりだったが出発時刻が遅れたのと、途中道迷いや施設建設工事による通行止めがあり、予定より大幅に遅れたため、当初計画を変更して衣笠山公園から帰宅の途に就くこととした。

昔通ることのできたルートにゴルフ場ができて通れなくなったり、都市計画道路や施設建設の工事で通行止めになっていたり、これからもロングコースを歩くときは事前の確認が欠かせない。

土曜日にもかかわらず歩いている人は少なく静かな山歩きだった。
昼食は途中のコンビニでパンや弁当を購入の予定だったが、先日まで営業していたコンビニがなくなっていたので、急遽大楠山登山口近くの蕎麦屋(「葉山 風の姿」)を利用した。創作料理ふうの上品な味でアルコール類もあるので、下山後に打ち上げをするにも好都合な場所だ。(営業時間は 11:30~14:30(ラストオーダー)、17:00~20:00(ラストオーダー)、と 毎週火曜日と第一月曜日はお休みだ)

安針塚駅から塚山公園を経て畠山に至る。安針塚駅すぐの京急ストアは開店準備中(10:30開店)だった。塚山公園から畠山へのルートは標識が無いので注意が必要。(大楠山への表示はある)
畠山からは不動橋を目指す。標識があるので迷うことは無い。

今回は初めて不動滝に行ってみた。地図を見ると不動滝付近から大楠山に至る山道らしきものがあるので、その探索を兼ねての行動。不動堂の裏手に裏山へ登る急坂(長いロープまで張ってある)を見つけたときはこれかと期待したが、行く手にはゴルフ場敷地内の未開発エリアがあって行き止まりだった。仕方なくもと来た道を戻り、個人の敷地内で作業道の先を探していたら、その家の方が「昔は大楠山に行ける道があったが、ゴルフ場ができて行けなくなった」と教えてくれた。

大楠山の登山道に入っても工事中のための迂回路の看板が至る所にあった。ゴミ処理施設(減容固化施設)の建設に伴うもので平成26年10月から32年3月まで通行止めとなっている。このため大楠山から武山、三浦富士方面に行くには衣笠城址の近くを廻って(遠回りして)行く必要がある。随所に看板と標識が設置されているので迷うことは無い。

衣笠城址に登ってから衣笠山公園までが結構長く30分以上かかった。この区間は初めて歩くが結構傾斜のきついアップダウンがあるので驚いた。



s1-DSCN0027_012.jpg
不動滝

s1-DSCN0030_013.jpg
不動堂のカンヒザクラ

s1-DSCN0033_014.jpg
不動堂の花桃

s1-DSCN0037_015.jpg
大楠山 山頂

s1-DSCN0042 ×17_016
衣笠山公園から見た猿島 ズーム17倍

s1-DSCN0043 ×46_017
衣笠山公園から見た横浜ランドマークタワー ズーム46倍

■コース概要とコースタイム

京急安針塚駅10:15~県立塚山公園~畠山11:05~不動橋~「葉山 風の姿」(11:40/12:30:昼食)~不動滝・不動堂(12:40/13:30 道迷い)~大楠山山頂12:40/12:45~衣笠城址~衣笠山公園16:30~衣笠山公園バス停16:50

行動時間 6時間半(昼食 50分 含む)
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 山の風景 - Genre: 写真