東北の花旅(第1日目:南蔵王)(2017.6.28)

朝4時に出発し、東北自動車をひたすら走り、刈田峠バス停近くの駐車場(道路わきの区画された駐車スペース)に到着したのは9時過ぎ。約20台程度しか駐車できないとの事前情報だったので心配したが、あと数台はとまれそうだった。

登山道は歩き始めはいったん下り、旧刈田峠から登り返し前山、杉ヶ峰とアップダウンを繰り返し芝草平に至る。ここは池塘が点在するお花畑。ヒナザクラ、チングルマが群落を作り、イワイチョウも。
しばらく写真撮影に時間を費やし、今回のコース中最高峰の屏風岳から南屏風岳に至る稜線では幸い天気も良く山並みのはるか向こうに雪をかぶった月山も良く見える。

南屏風岳山頂からの下りで登山道は一変し、ザレた急坂を鎖やロープを利用して下る。その後もやせた尾根を辿り再度急坂を登ると不忘岳山頂だ。そろそろ帰りの時刻が気になり、10分で昼食を済ませるともと来た道を戻り始める。とは言いながら足元のかわいい花たちをほっとくわけにはいかずついカメラを向ける、ということが何度か繰り返され、やっと駐車場にたどり着いた。

予約した宿(国民休暇村 羽黒)には17時にチェックイン予定と連絡してあったが、とても間に合わないので途中携帯電話から連絡。結局到着は18時過ぎになった。夕食はバイキングだとばっかり思っていたので時間に余裕があると思っていたが、実はコース料理で、入浴後急いでレストランの指定席に着くと僕たちが最後の組のようだった。周りがみな同じような年齢層のお客だったのはいつものこと。食事は薄味で量もちょうどよかった。月山は火山でないので、残念ながら温泉ではない。

この宿もロビーにパソコンが置いてあるほか、ロビー内だけだがWiFiが使える。今回の山行からスマホを携行している。ただし当面音声通話はガラケーも併用なのでスマホはWiFi専用にしている。行動中はオフラインかGPSのみが使える。今回はGPS活用の準備が間に合わず、予め登山地図を本体にダウンロードしておき、行動中はオフラインでそれを見られるようにするのが精いっぱいだった。

s_000021-DSCN1652.jpg
芝草平の池塘群とヒナザクラの群落

s_000091-DSCN1767.jpg
芝草平のヒナザクラ

s_000011-DSCN1647.jpg
芝草平のイワイチョウ

s_000031-DSCN1673.jpg
月山遠望

s_000041-DSCN1686.jpg
屏風岳~南屏風岳間の稜線にて

s_000051-DSCN1699.jpg
屏風岳~南屏風岳間の稜線にて

s_000061-DSCN1716.jpg
ハクサンイチゲ  屏風岳~南屏風岳間の稜線にて

1-DSCN1741.jpg
ハクサンチドリ 屏風岳~南屏風岳間の稜線にて

s_000071-DSCN1734.jpg
ミツバオウレン

s_000081-DSCN1740.jpg

s_000101-DSCN1772.jpg
ツマトリソウ

s_000111-DSCN1788.jpg
オサバグサとマイヅルソウ(手前)

s_000121-DSCN1793.jpg
イワカガミ

■コース概要とコースタイム

刈田峠登山口9:20~刈田峠避難小屋分岐9:30~前山(1684m)9:55~杉ヶ峰(1744m)10:15~芝草平10:40/10:55(寄り道撮影)~屏風岳(1817m 今回のコース中の最高峰)11:20~南屏風岳(1810m)11:50~不忘山(御前岳)(1705m)12:25/12:35(昼食)~南屏風岳13:10~屏風岳13:50~芝草平14:15~杉ヶ峰14:45~刈田峠登山口15:40

行動時間  6時間20分

コース概要
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 山の風景 - Genre: 写真