お花畑と展望満喫の北岳(2017.7.19-21)

sDSCN2470_038.jpg
「北岳山荘からの夜明けの富士山」

北岳は過去3回登っているが、この時期は初めてだ(前回は5年前でしかも8月下旬だった)。
花の時期としては今回がベストではないだろうか。しかもこの山の固有種のキタダケソウにも遭えたのだから言うことなしだ。
余裕をもって3日間の行程を組んだ。初日は自宅を早朝(と言っても5時半だから車で出かける登山としてはゆっくりだ)出発、登山口の広河原へは途中乗合タクシーに乗り換えて9時ちょっと前に到着。登山口から2時間半、昼前には山小屋(白根御池小屋)に到着という、これもまた超ゆったりの行程。

本格的な登山開始は二日目からといったところ。前回が一泊二日の行程だったのに比べれば、コースが少し長いとはいえ一泊多いのだから楽ちんなはず…ただあれから5年たっているので油断はできない。5年前シャリバテで参った八本歯のコルは今回の時期に通過するにはアイゼン、ピッケル(またはストック)が必要とのことだったので、(時間的にはかなり短縮できるのだが)とりやめた。この日は次の山小屋(北岳山荘)まで花や展望を楽しみながらのんびり歩くのだ。

sDSCN2177-001_001.jpg
御池小屋のテント場には日の出前の薄明かりが広がり始めている

sDSCN2185_003.jpg
草すべりの斜面に咲き乱れる花(タカネグンナイフウロ)に朝日が当たって輝いている。蜜を吸う虫がカメラのレンズを覗いているようだ

sDSCN2186_004.jpg
朝露も朝日に輝いている

sDSCN2195_005.jpg
シナノキンバイも輝いている

sDSCN2208_006.jpg
タカネグンナイフウロにはよく虫が寄ってくる。まるでホバリングしているようだ

sDSCN2237_007.jpg
ハクサンイチゲとシナノキンバイ、ミヤマキンポウゲのお花畑

sDSCN2274_008.jpg
シナノキンバイ

sDSCN2284_010.jpg
チョウノスケソウ。バラ科の常緑小低木

sDSCN2286_011.jpg
岩場のチョウノスケソウ

sDSCN2288_012.jpg
オヤマノエンドウ(手前)、ハクサンイチゲ、ヨツバシオガマ(後ろ)

sDSCN2302_013.jpg
谷筋から湧き上がる霧が途切れた一瞬姿を現した甲斐駒ヶ岳の雄姿。北岳山頂付近

sDSCN2305_014.jpg
北岳山頂のミヤマキンバイ

sDSCN2334_015.jpg
池山吊り尾根分岐点近くから間ノ岳方面を眺める。今夜の宿の北岳山荘も見える

sDSCN2342_017.jpg
池山吊り尾根分岐点からトラバース道に向かっておりてすぐ可憐なミヤマオダマキが

sDSCN2345_018.jpg
トラバース道分岐点近くでミヤマクワガタを発見。ここ以外では見つけられなかった

sDSCN2361_019.jpg
トラバース道で見つけたキタダケソウ

sDSCN2363_020.jpg
トラバース道で見つけたキタダケソウ

sDSCN2376_022.jpg
トラバース道で見つけたミネウスユキソウ

sDSCN2379_023.jpg
トラバース道で見つけたミヤマムラサキ

sDSCN2380_024.jpg
トラバース道で見つけたタカネコウリンカ

sDSCN2391_025.jpg
トラバース道でのハクサンフウロ

sDSCN2415_026.jpg
トラバース道でのシコタンソウ。花弁の紅と黄色の斑点が可愛らしい

sDSCN2416_027.jpg
トラバース道でのイブキジャコウソウ

sDSCN2426_028.jpg
北岳山荘付近のキバナシャクナゲ。背後は霧がかかる北岳山頂

sDSCN2429_029.jpg
北岳山荘付近のミネズオウ。背後は霧が晴れた北岳山頂

sDSCN2435_030.jpg
北岳山荘付近のキバナシャクナゲ。背後は間ノ岳方面

sDSCN2442_032.jpg
北岳山荘付近のミネズオウ

最終日の朝、あまりの好天に、このまま下山するのは勿体ないということで(かと言って間ノ岳往復はちと厳しいので、途中の三千メートル峰である)中白根山を往復することにした。カメラと飲料水だけの空身で。歩き始めはフリースとダウンジャケットのいでたちだったが、風も穏やかで雲一つない状態だったのですぐ前ファスナー全開に。

北岳山頂も風もなく晴れ渡り、めったに見ることのできないと言われる北アルプスの槍ヶ岳もはっきり確認できた。

下山後は芦安駐車場から300mほど下った「金山沢温泉」を利用。洗い場が3か所、シャワーブースが2か所のコンパクトな作りだが客が自分を含め4人だったのでゆっくりできた。コシの強い蕎麦は美味しかった。

sDSCN2479_039.jpg
北岳山荘からの夜明けの北岳山頂

sDSCN2485_058.jpg
中白根山頂から北岳を望む

sDSCN2489_041.jpg
中白根山頂付近で三脚を立て富士山のベストショットを狙っている方がいた

sDSCN2493_042.jpg
中白根山頂から鳳凰三山を望む

sDSCN2501_043.jpg
中白根山頂から間ノ岳を望む

sDSCN2514_044.jpg
中白根山頂よりやや下った場所から超望遠で捉えた北岳山頂でご来光を拝む登山者たち

sDSCN2519_045.jpg
北岳山荘のちらし寿司の弁当は手間がかかっていて、美味しい

sDSCN2542_046.jpg
北岳山頂から間ノ岳方向を眺める

sDSCN2544_047.jpg
北岳山頂から眺める地蔵岳

sDSCN2550_048.jpg
北岳山頂から甲斐駒ヶ岳を眺める

sDSCN2553_049.jpg
北岳山頂から塩見岳を眺める

sDSCN2554_050.jpg
北岳山頂から木曽駒ヶ岳方向を眺める

sDSCN2555_051.jpg
北岳山頂から仙丈ケ岳を眺める

sDSCN2557_052.jpg
北岳山頂から北アルプス槍ヶ岳(右奥、左端は北穂高岳)を眺める

sDSCN2561_053.jpg
北岳山頂から肩の小屋に向かって下山途中、甲斐駒ヶ岳を眺める

sDSCN2567_054.jpg
イワウメ

sDSCN2574_055.jpg
右俣コースは雪に押し倒されたダテカンバの樹林が続く

sDSCN2575_056.jpg
左俣コースの雪渓の急傾斜の様子

sDSCN2577_057.jpg
二俣付近から見上げた左俣コースの雪渓を登る登山者たち

■コース概要とコースタイム

コースタイム&登山計画付き登山地図印刷A4縦 - Yamakei Online _ 山と渓谷社_01


⑴第一日目(19日 水曜日)
自宅5:30~(圏央道 相模愛川IC、中央道 甲府昭和IC)~南アルプス市営芦安駐車場8:50/9:05~(乗合タクシー)~広河原9:50
広河原9:55~白根御池分岐点10:25~白根御池小屋12:25         
行動時間 2時間30分

⑵第二日目(20日 木曜日)
白根御池小屋5:05~(草すべり)~右俣コース分岐点6:55~小太郎尾根分岐点7:25~北岳肩の小屋8:05/8:25(朝食2)~両俣分岐点8:45~北岳山頂(標高3193.2m) 9:30/9:45~池山吊り尾根分岐点10:30~トラバース道分岐点10:45~北岳山荘25分の標識11:55~北岳山荘12:25   
行動時間 7時間20分

⑶第三日目(21日 金曜日)
北岳山荘4:30~中白根山(標高3055m) 5:10/5:20~北岳山荘6:00/6:55(弁当の朝食)~八本歯のコルへの分岐点(北岳山荘20分、北岳山頂40分の標識)7:25~池山吊り尾根分岐点8:10~北岳山頂8:30/8:45~両俣分岐点9:05~小太郎尾根分岐点9:55/10:05~右俣コース分岐点(二俣1時間20分の標識)10:20~二俣11:40/12:00(昼食)~白根御池分岐点13:30~広河原13:50

行動時間 8時間25分(中白根から小屋に戻っての朝食時間を除く)
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 山の風景 - Genre: 写真