FC2ブログ

三浦アルプス(2018.1.31)

年初めは近所の山好きの仲間たちと、三浦アルプスでの軽いトレーニングを行うことにしている。京浜急行が「三浦アルプストレッキングコース」として設定している主な4コースの内の「森戸林道から馬頭観音、神武寺駅へ」という比較的軽めのコースを選んでみた。このコースのみ歩いたことのない部分があり、一度歩いてみたいと思っていたのだ。

新逗子駅からバス通りを歩き始め、森戸川林道に入りところどころ水たまりに氷が張っていたり、先日の降雪の名残を楽しみながら林道終点で最初の休憩。以前ここまでは同じルートを歩いたがこの先、残雪の予想される南沢沿いの道ではなく、初めて尾根道(中尾根)を南中峠まで歩いた。痩せ尾根だが標識(なかおね と表示)も設置され迷うことはなかった。

南中峠からは乳頭山を目指すのが本来のルートだが、今回は敢えて馬頭観音への近道を歩いてみた。ところがここがなかなかスリリングなルートで、数か所のロープ設置個所のほか足の踏み場を誤ると沢へ転落してしまう幅の狭いところもあり、さらに沢の中を歩く個所では行先の道が不明瞭でやや慌てた。ようやく対岸に渡る古びた頼りない丸太橋を見つけ、一人ひとり滑り落ちないように慎重に前進。

当初は馬頭観音から二子山自然遊歩道を経て東逗子駅に向かう予定だったが、昼食に適当な場所がなく、結局二子山展望台(上二子山)まで足を伸ばしそこで昼食とした。ここから下二子山を経て阿部倉山を下り、朝通った道に戻ることも考えたが、まだ歩いたことのない二子山自然遊歩道を行くことにした。住宅地の狭間で取り残された(敢えて自然を残したと考えたい)グリーンベルトが遊歩道として活用されている。
連日の寒さのなかこの日だけ温かで、今年の里山歩きの幸先良いスタートが切れた思いだった。

sIMG_20180131_104010_191.jpg

sIMG_20180131_104555_192.jpg




■コース概要とコースタイム

新逗子駅 8時~ 二子山展望台(昼食 11時半~12時)~ 東逗子 13時~ 神武寺駅 13時40分
行動時間: 5時間半

s三浦アルプス トレッキングコース_02_193
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 写真日記 - Genre: 写真