FC2ブログ

東北ドライブ旅行(2018.10.7-11) ~その2 下北半島観光ほか~(10.9-10.11)

『東北ドライブ旅行(2018.10.7-11) ~その1 栗駒山登山ほか~(10.7-10.8)』に続き、いよいよ下北半島を目指す。

第3日目(10月9日、火曜日)

ホテルを8時に出発。下北半島に向かう道筋にある「蔦沼」に寄ってみることにした。最近知った紅葉の人気スポットだ。
残念ながら最盛期(紅葉見頃時期は、例年10月中旬から下旬で、特に10月20日前後が最盛期とのこと)にはまだ早く一部の樹木が色づき始めていた程度だったことと、有名になった写真は実は早朝の陽の光が水面近くの紅葉した樹々を照らす瞬間を狙ったものらしく、現実の目の前の光景とはだいぶ異なった印象だということだ。
それでも蔦沼を含め合計7つある沼を巡る散策路の雰囲気は良く十分癒された。

IMG_20181009_085323.jpg
蔦沼 まだ紅葉は一部だけ

sIMG_20181009_164830_713.jpg
月沼 少し紅葉が進んでいる

sDSCN4805_708.jpg
うっすらと朝霧がかかっている 雰囲気の良いブナ林

sDSCN4823_710.jpg
朝陽が差してきて 紅葉した葉が明るく輝く

IMG_20181009_094600.jpg


下北半島を車で巡るコースはいくつか考えられるが、時間的な制約もあり、先ず尻屋崎に足を伸ばし、次に恐山を参観してホテル(ホテルフォルクローロ 大湊)に向かうこととした。

sDSCN4826_711.jpg
尻屋崎灯台 150周年を迎えている

sDSCN4831_712.jpg
尻屋崎灯台から 右手遠く北海道が見えている

sIMG_20181009_142441_715.jpg
恐山 本堂

sIMG_20181009_144120_716.jpg
恐山 賽の河原全景

sIMG_20181009_145256_714.jpg
恐山 八角堂

IMG_20181009_145552.jpg
恐山 宇曽利湖の浜辺は極楽浜と言われている

IMG_20181009_150115.jpg
恐山 苔の類だがパリパリに乾燥しきっていても真っ赤な花を付けているのが珍しい

第4日目(10月10日、水曜日)

天気予報も出発時点のそれと比べると悪くなっているので、午前中に仏ヶ浦を観光してから南に向かい、今回初めての本格的温泉宿(花巻温泉郷 山ノ神温泉 優香苑)に泊まり、翌日はまっすぐ帰還することにした。

車で仏ヶ浦に向かうルートとしていくつか考えられたが、川内川渓谷、川内ダムを経由して走るのが最短とわかり、それを往復した。帰りは鯛島が見える陸奥湾に面した沿岸部を通る方が変化があって良いとはわかっていたものの、その後の行程にかかる時間と天候の悪化を考慮してできるだけ短時間で回ることを優先した。

仏ヶ浦の観光は一般的には観光船を利用するが、時間の制約を受けるのと駐車場から海岸までの昇り降り(急な階段を片道20分ほど歩く。高低差は100m)はあまり苦にならないのでアプローチが最短の方を選んだ。運よく干潮時だったようで奇岩群に近づくことができた。

sDSCN4832_717.jpg
仏ヶ浦 天竜岩 奥に見えるのが蓬莱山(鳳鳴山)

sIMG_20181010_091626_718.jpg
仏ヶ浦 蓬莱山(鳳鳴山)

IMG_20181010_091816.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 東北旅行 - Genre: 旅行